空が赤く染まり出す頃、少々騒がしくなる宿 中屋です。

2013 11/26

画像

 昨日のお天気とは、うってかわって素晴らしいお天気でした。今日の夕日は、期待どおりでした。空が赤く染まり出すと、チェックインのお客様をご案内することに、宿 中屋のスタッフは、あせってしまいます。美しい夕焼けをお部屋で、ご覧いただきたいからでございます。本日も2組のお客様が、ちょうど空が赤くなり始めたころお越しになりました。打ち合わせより何より、今日のこの夕陽をご覧いただきたく、スタッフもとにかく早くお部屋にご案内させていただこうとしております。

 「秋の夕日はつるべ落とし」という言葉どおり、ことんと音がするように、あっという間に沈む太陽でございます。

 お部屋で無事ご覧いただけた本日のお客様は、「アクアラインの事故で、通行止めにあって、普段の倍近く時間がかかってしまったけど、この夕陽を見て、疲れがとれたわ」とおっしゃってくださったようでございます。本当に嬉しいことでございます。

 早めにお越しくださった方は、お部屋や、お風呂や、新しくできたサンセットラウンジにて、ご覧いただけます。

  そして、もうすぐ 宿 中屋では、朝日も海からご覧になれる時期となります。

  夕日の美しさと、満天の星空と、海からあがる朝日と、晩秋から冬にかけてこの時期ならではの風物詩でございます。皆様のお越しを心からお待ち申しております。

関連記事

コメント

コメントする