ヴァイオリンの美しい音色に、魅せられて。今回も素晴らしい夕べでございました。

2015 5/21

画像 5月19日と20日の音楽の夕べは、ヴァイオリンの演奏でございました。李 文佳さんとのご縁は、もう7年にもなります。愛の讃歌から始まり、「慕情より恋はすばらしきもの」 荒城の月 さくらさくら変奏曲をソロで、美しい音色に魅了されました。さまざまな技法を使い、二重奏の奥行の深い演奏に、皆様うっとり。

オーケストラ演奏を流しながらの情熱大陸。また、ロックにも挑戦しマイケルジャクソンのスムーズクリミナルもヴァイオリンの新しい魅力を感じました。

そして、エンディングは、X Japanの「Forever Love」 「皆様に愛が満ち溢れますよう願いをこめて」と李さんの言葉に胸が熱くなり、また演奏を聴き、さらに胸が熱くなり、目頭を押さえている方もいらっしゃいました。

おひとりとは思えないほどの迫力に優美さが加わり、そこに李さんの持っている人間性で、上品で愛のあるコンサートでございました。

初夏を思わせるドレスも素敵でした。

次回は、6月28日と29日でございます。 皆様も是非お越しくださいますこと、心からお待ち申しております。

関連記事

コメント

コメントする