ヴァイオリンの音色に 春を感じて・・・。優美な演奏に感動!!

2020 3/18
画像

3月16日と17日の音楽の夕べは、李 文佳さんのヴァイオリンでございました。ヴィヴァルディ作曲の「四季」の中から「春」から始まり メンデルスゾーン作曲の「春の歌」 ベートーヴェン作曲の「スプリングソナタ」 と春満載のプログラムに 毎回のことながら魅了されます。

衣装も 春らしいピンクのドレスで さらに季節感を演出してくださっています。

またいつもヴァイオリンの様々な奏法を披露しながら「うぐいす」の鳴き声も。お客様がこのように間近で ヴァイオリンのを奏でる指先までご覧になれること、また 浴衣姿で本格的な生演奏が聴けること 宿のロビーコンサートだからこそと自負いたしております。

エンディングは サラサーテ作曲のツィゴイネルワイゼン  李さんの技術は、もちろんのこと 愛と情熱が感じられる迫力ある筆舌に尽くしがたい素晴らしい演奏でございました。空気の張りつめた緊張感のある演奏に お客様も感動し・・・。アンコールは 李さんが編曲した生誕250年のベートーヴェンの「喜びの歌」を演奏してくださいました。「皆様に喜びがたくさん来ますように願いを込めて演奏します」という言葉を添えて頂いて。この時期様々なことが有る中 心に染み入る演奏でございました。

李さんの演奏は 次回は4月11日と12日 4月26日と27日でございます。毎日 宿 中屋では、夕方17時30分から18時まで

宿 中屋は、毎日 17時30分から音楽の夕べを開催しております。ご夕食前のひとときを是非お楽しみくださいませ。

関連記事

コメント

コメントする