水無月になりました。初夏の旬菜をご紹介いたします。

2020 6/09
画像

「順才(ジュンサイ)鮑 湯葉とろろ磯部和え 刻み山葵」でございます。 のどごしの良いとろろに刻み山葵がアクセントとなり つるんとした触感の「旬」の順才と鮑をのせ 涼やかな一品でございます。。鮑の上には ここにも刻み山葵をのせ、この時期ならではの涼やかな一品となりました。

画像

「鱧南蛮漬け 玉葱真丈 茗荷 冬瓜 梅肉」でございます。「走り」の鱧を さっぱりと南蛮漬けに 淡路島の玉葱真丈は「名残」に使って まさしく旬の茗荷 冬瓜 梅肉がアクセントになり 初夏の味わいでございます。

画像

「青芋茎(ずいき)トマト 海老 蛸 子持ち昆布 土佐ゼリー 柚子」でございます。土佐ゼリーに柚子の香りを添えて 里芋の茎のずいきは 爽やかな触感でございますが 土佐ゼリーとご一緒に召し上がって風味をお楽しみくださいませ。

日本料理の真髄でもあります 「走り 旬  名残り」を表現し 色鮮やかな旬彩を調理長が心がけております。まさしく「見てよし 食べてよし」

旬彩は お客様が最初に召しあがる品 心を込めて ご用意いたしております。

旬の食材は お体にも 良く 免疫力をあげるとか。

こうしてお客様をお迎えさせていただけること 心から感謝申し上げております。

関連記事